脱毛中痛みがひどくて続けられない場合はどうする?

脱毛中の痛みがひどくて続けられない場合はどうする?

 

痛みの感じ方や耐性は、個人差があります。
痛みを我慢できる人や痛みを感じにくい人がいる一方で、
痛みを我慢できない人、強く感じてしまう人だっています。

 

脱毛サロンでは、最初にテスト照射を行って、
どれくらいまで痛みを我慢できるかをテストすることで、
痛みのコントロールを行います。

 

また、痛みの感じ方は、部位によっても随分と異なります。
VIOラインなどデリケートな部分は、痛みを感じやすい部分です。
光を照射して痛みが強い場合には、「ちょっと痛いので弱くしてください」と伝えると、
照射の出力を変えてくれるので、無理せずにいうようにしましょう。
痛いのを我慢する必要はないのです。

 

不思議なことに、照射する部位をしっかり冷やしておくと、
痛みを軽減することができます。
痛みに弱い人、痛みを感じやすいひとの場合には、
先にスタッフに伝えるようにしましょう。
痛みを感じにくい人とくらべて少し長めに、
しっかりと肌を冷やしてくれます。
こうした要望は、どのサロンでも受け付けてくれます。
なので、遠慮することなく伝えるようにしましょう。

 

施術が終わった後は、しっかりとクールダウンすることで、
お肌の炎症を抑えることができます。
長く脱毛を続けるためには、痛みのコントロールは必要なことです。

 

また、痛みには極端に弱い、という方の場合は、
キッズ脱毛を行っているサロンを選んでみてください。
特に痛みに敏感な小さなお子さんでも脱毛ができる、
お肌に優しい痛みの少ない脱毛方法があります。
痛みが弱くなる分、照射の強さが弱くなるので、
脱毛効果は弱くなってしまうことで、通う回数は多くなってしまいますが、
痛みを感じることなく脱毛することができますよ。